民事再生とはどのような債務整理方法か

債務整理の方法の中には、民事再生というものがあります。これは個人再生ともいわれ、どのような方法であるかというと、他の方法、たとえば任意整理や特定調停などに比べると、返済額が少額で済むという点がまずあげられます。返済額は借入額にもよりますが、通常は5分の1から10分の1とされています。

 

それから住宅ローンが債務から外されますので、家を売却せずに借金を返済することができます。また自己破産のように、金融業や士業などの人が停職になるということもありません。このため債務整理はしたいけれど家は残したいとか、あるいは金融関係などの仕事をしている人にはお勧めの債務整理方法です。

 

ただし民事再生をできる人には条件があり、まず住宅ローンを除いた借金額が5000万円以下でなければなりません。それから継続的な収入がある人でないと民事再生はできません。さらに借金の額そのものはかなり減らせますが、返済を前提にしている以上、計画をきちんと立ててから行う必要があります。

 

さらに民事再生には小規模型と給与所得者型の2つのタイプがあります。このうち前者は、返済金額が借金の額に応じて変動します。その一方で後者は可処分所得2年分となっており、前者に比べるとかなり高額になります。またこのタイプは収入面を厳しくチェックされる傾向があるため、一般には小規模民事再生を選ぶ人が多くなっています。特に小規模タイプですと、収入がサラリーマンに比べて安定しない自営業者も利用することができます。

 

しかし小規模民事再生の場合は、債権者の意向も大きく反映されますので、たとえば再生計画に対して債権者の反対が過半数を占めた場合などは、民事再生を行うことは難しくなる点に注意しておきましょう。